ペット葬儀は華やかに~セレモニーで手厚い供養を~

お店にとって欠かせない存在の看板猫~ペット供養はお客さんと共に~

猫

看板猫はお店にとって大きな存在です。飼い主を含め多くの人から愛されてきた存在だからこそ、亡くなってしまったときはペット葬儀を通して手厚く供養をしてあげましょう。ここでいくつか、看板猫と触れ合ってきた人たちの声を聞いてみましょう。

看板猫と触れ合ったお客さんの声

いつも出迎えてくれて癒されました(36歳/男性)

近所の小さな商店で飼われていた猫のモモちゃんは、まさにお店の看板猫という存在です。お店に行くと、いつも鳴いて出迎えてくれます。あまり動物に好かれない自分ですが、モモちゃんだけは触っても怒ることがありませんでした。とにかく可愛く、癒やし効果を与えてくれる存在でした。

マッサージをしてくれて可愛かったです(28歳/女性)

別府に旅行に行ったときに、宿泊した旅館に「マッサージをする猫」がいて驚きました。膝の上に乗って腿のあたりを揉んでくれるあの子の姿は、今でも鮮明に残っています。温泉も良かったですが、それ以上にあのマッサージ猫がとても印象に残りました。あの子のおかげで日頃の疲れが一気に吹っ飛びました。

看板猫は、日頃からお客さんの癒やしになっていることが分かります。ペット葬儀を行なう際は、生前可愛がってくれたお客さんに見送ってもらえるよう、セレモニーを行なうのも良いかもしれません。

ペットセレモニーとは?

最近、ペット葬儀の際にセレモニーを行なう方が増えてきています。ペットが好物にしたものやよく遊んでいたおもちゃを備え、僧侶にしっかりと供養してもらえるという、内容だけで見ると人間さながらのものとなっています。飼い主はもちろん、可愛がってくれた知人も参加できるので、皆で最後まで手厚く供養してあげることができます。

ペットセレモニーで行なうこと

セレモニーの内容は、業者によって大きく異なります。セレモニーを行なう部屋の雰囲気、演出、全体の流れなど、これらを含めいろいろな部分に違いが見られます。ただセレモニーに参加した人全員で供養できるようになっているという部分はほとんどの業者で共通しているため、多くの方に来てもらえるようなペットの葬儀を行なう際はぜひセレモニーを開きましょう。

TOPボタン