ペット葬儀業者の社内にも看板猫が?!【癒やしを与えてくれる存在】

ペット葬儀の後もお客さんを出迎える看板猫~飾りやすいお墓~

ペット供養

ペット葬儀をセレモニー付きで行なったとき、場合によっては「都合が合わなくて参加できなかった」という方も出てくるかもしれません。そのような方が後から供養に来れるよう、お店に亡くなったペットの祭壇やお墓を設置しましょう。そうすれば、いつでも誰でも会いに来ることができます。

お店に飾れるメモリアルグッズ

お店で飾れるようなお墓はありますか?
はい、あります。ミニサイズの骨壷が収まった、小さな犬小屋のお墓が販売されています。お墓にはペットの写真や名前が入れられるようになっているので、飼い主はもちろん、ペットを可愛がってくれた方もいつでも生前の元気な姿を見ることができます。大きさは10cm四方なので、置き場所にも困りません。
ペット葬儀ではどんなメモリアルグッズを作っていますか?
ペット葬儀を行なっている業者は、様々なメモリアルグッズを扱っています。最近人気なのは、ペットの遺骨を入れたガラスビーズをあしらったチョーカーです。他にも、遺毛を閉じ込めたクリスタルアクセサリーやオーダーメイドのオリジナル墓石など、いろいろなグッズを販売しています。これらは各ペット葬儀業者のHPでチェックできます。

ペット葬儀の場所にも看板猫がいる~悲しみを和らげる~

ペット葬儀業者の敷地内にも、猫や犬が飼われていることがあります。ペットとのお別れの場という悲しい場所で、来てくれた人に癒やしの効果を与えてくれる彼らも、ある意味「看板猫」「看板犬」なのかもしれません。

ペット葬儀業者にいる看板猫

全国にあるペット葬儀業者の中には、社内で看板猫を飼っているというところがいくつも存在します。来訪者を暖かく出迎えてくれる彼らの存在は、深い悲しみに暮れている人の心を大きく癒やしてくれるでしょう。HPをチェックして写真を見るだけでも十分癒やされますが、ペット葬儀業者を利用することになったら、このような業者に依頼することを検討しても良いかもしれません。可愛い看板猫がきっと明るく出迎えてくれるはずです。

TOPボタン