元気だった頃の姿で葬儀へ……【ペット葬儀を行なうときの心構え】

安置する方法~ペット葬儀業者を呼ぶ前に行なうこと~

ペットとのお別れのときは、いつ訪れるか分からないものです。ペット葬儀の流れを知っておけば、葬儀をスムーズに進めることができます。

安置する流れ

道具を用意する

ペットが息を引き取ってしまったら、ペット葬儀の専門業者に連絡を入れ、遺体を引き取りに来てもらいます。それまで遺体を裸のまま放置するわけにはいかないので、遺体を入れるための箱を用意しておきましょう。これは大きめの段ボールで問題ありません。段ボール以外で用意するものは、新聞紙、バスタオル、シーツ、保冷剤などです。それに加え、生花やお水、ローソクやお線香など、供養のときに必要なものも用意しておきましょう。ちなみに、これら生花やローソクなどに関しては、業者側でも用意してくれる場合がほとんどです。

きれいな状態を保つ

ペット葬儀を行なう前に、ペットの毛並みを整え、まぶたや口を閉じ、しっぽも整えておきましょう。遺体からは体液がにじみ出る場合があるので、遺体の下にシーツを敷きます。暑い時期は、遺体の傷みが早くなります。業者に引き渡すまでなるべく傷みの無い状態に保つよう、保冷剤をバスタオルに包んでお腹のあたりにあたるよう置いておきましょう。

準備を整えたら業者に連絡

ペット葬儀を行なうのに必要なものが揃い、ペットにそのときが訪れたら、業者に連絡を入れ葬儀の依頼をします。その際、業者がスムーズに対応できるよう、ペットの種類や希望の日時、葬儀に関する要望などを伝えておきましょう。業者によってサービスの種類や内容に違いがあるため、そこはしっかり確認し、合わせて料金の見積もりや供養の実施の有無なども確認しておきましょう。

ペットが息を引き取った後、葬儀を通してきれいな状態で天国まで行けるよう、亡くなった直後は上で紹介したような方法で見た目をきれいに整えておきましょう。そうすれば、葬儀に来てくれた人に元気だった頃の姿を見せることができます。

TOPボタン